帆足家本家住宅(富春館)宝蔵 ほあしけほんけじゅうたく(ふしゅんかん)ほうぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 九州 

大分県
大正/1912-1925
土蔵造2階建、瓦葺、建築面積60㎡
1棟
大分県大分市大字中戸次4381-1
登録年月日:20061129
登録有形文化財(建造物)

敷地南西に,石垣を築き周囲より一段高い位置に建つ。桁行6間半,梁間3間で,土蔵造2階建,寄棟造,桟瓦葺とする。1階,2階共に中央に柱1本を立てて1室とし,広い空間をつくる。外壁は漆喰塗で腰を海鼠壁とし,派手さが無く,機能重視の堅実な意匠とする。

作品所在地の地図

関連リンク

帆足家本家住宅(富春館)宝蔵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

帆足家本家住宅(富春館)質蔵
帆足家本家住宅(富春館)洋館
帆足家本家住宅(富春館)主屋
帆足家本家住宅(富春館)離れ
帆足家分家住宅(松石不老館)質蔵
ページトップへ