絹本著色見心来復像 けんぽんちゃくしょくけんしんらいふくぞう

絵画 /  / 九州 

1面
重文指定年月日:19870606
国宝指定年月日:
登録年月日:
萬歳寺
国宝・重要文化財(美術品)

 見心来復は延祐六年(一三一九)に生まれ、洪武二十四年(一三九一)に没したが、その死は悲惨であった。明の太祖は国土を統一すると諸国の名僧を京師に招いた。見心来復もその招きに応じて京師に行き、後、僧録司の左覚義の職に就じ、仏教界の管理行政の枢要に参加したのだが、洪武二十四年胡推庸の獄が生じた時、太祖を風刺した詩を作ったことで連座し極刑に遭ったのだった。詩文の才が却って仇となったのである。
 この見心来復の肖像にはその自賛の他に、元来の文人として著名な翰林承旨張〓(一二七三-一三六八)の撰文を能書家であった張彝が書した賛があり、これらに依ると画像は至正二十五年に入元僧以亨徳謙が帰国に際して見心来復の法を嗣ぎ、師の肖像を画かせたものと知られる。入元僧は大変多いが、来復の法嗣となった者は以亨徳謙唯一人である。あるいは、以亨徳謙は詩才があり、中国においては文人との交友も深かったから、詩名の高かった来復に心を寄せたのかもしれない。肖像は円の中に半身を画いた鏡像である。元時代ではこうした肖像が行われていたが他に遺例はなく大変珍しい。文人に賛を求めているところもいかにも中国の習慣、風潮を見せて興味深いものがある。肖像は彩色の剥脱があるが、容貌は比較的良く残っており、有機質の色料を用いた生々しい表現にまことに中国的な感覚を伝えている。
 以亨徳謙の正確な生没は不明であるが、寺の過去帳の伝えるところでは応永九年(一四〇二)七月二十四日を亨年と伝えている。入元の年も不明であるが、定巖浄戒の賛によると在元三十年に及んだという。至正二十五年、すなわち我が貞治四年(一…

関連リンク

絹本著色見心来復像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

用章廷俊墨蹟 偈
山水図 周徳筆
紙本墨画雪裡三友図
石山切(伊勢集)
石山切(伊勢集)

伝藤原公任筆

絹本著色益田元祥像〈狩野松栄筆/〉
ページトップへ