文化遺産オンライン

龍巖徳真墨蹟 偈

ろうがんとくしんぼくせき げ

作品概要

龍巖徳真墨蹟 偈

ろうがんとくしんぼくせき げ

/ / 中国

龍巖徳真

ろうがんとくしん

中国

元時代/1331

紙本墨書

縦33.7㎝ 横94.2㎝

一幅

東京都港区南青山6-5-24

根津美術館

重要文化財

中国の僧龍巌徳真が日本からの留学僧無夢一清(むむいっせい)の求めに応じて揮毫した墨蹟である。龍巌徳真は『墨蹟祖師伝(ぼくせきそしでん)』によれば中国破庵(ほあん)派の愚極智慧(ぐきょくちえ)の法嗣(はっす)とされるが伝歴は詳らかでない。また無夢一清は、留学中40年にわたり当時の名僧を訪ね歩いた。この墨蹟は龍巌徳真の現存唯一の遺墨であり、その伝歴の一端を知る貴重な作品である。その書は、墨色豊かに大らかな書風をみせる。

龍巖徳真墨蹟 偈をもっと見る

龍巖徳真をもっと見る

公益財団法人 根津美術館をもっと見る

キーワード

墨蹟 / / 遺墨 / 南青山

関連作品

チェックした関連作品の検索