清遠懐渭墨蹟 偈   せいえんかいいぼくせき げ

 /  / 中国 

清遠懐渭
せいえんかいい
中国
明時代/1369
紙本墨書
縦31.3㎝ 横67.1㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-127
根津美術館
重要美術品

洪武2年(1369)の月やどる9月某日、十刹第二位の道場山(湖州烏程県)の方丈において、清遠懐渭が蘭江の楚蔵主なる人に書き与えたものである。この頃香る月の桂(木樨)をテーマとして、はじめ四-三言のリズムを続け、「君見ずや」と破調して三言をはさみ、二-五言と転じた自由な形の韻文(謌)である。
筆者清遠懐渭は笑隠大訢(1271〜1344、大慧派)の門下で、ついに杭州銭塘の南山浄慈寺を司った人。もらったのは崑山薦厳の蘭江清楚であろう。龍翔の曇芳忠の嗣とも、了庵清欲(1288〜1363)を嗣ぐともいわれる。筆者は文才に優れ、日本から赴いた五山詩僧絶海中津にも大きな影響を及ぼしている。

作品所在地の地図

関連リンク

清遠懐渭墨蹟 偈  チェックした作品をもとに関連する作品を探す

用章廷俊墨蹟 偈
月江正印墨蹟 偈
明極楚俊墨蹟 偈
月江正印墨蹟 警策
月江正印墨蹟〈与楚雙峯偈語/至正三年二月十八日〉
ページトップへ