文化遺産オンライン

刺繍楊柳観音像

シシュウヨウリュウカンノンゾウ

作品概要

刺繍楊柳観音像

シシュウヨウリュウカンノンゾウ

染織

縦:59.8cm 横:37.7cm

1幅

楊柳観音像と善財(ぜんざい)童子を繍いあらわした1幅。上方に元僧愚極智慧(ぐごくちえ)による元貞元年(1295)の賛があって、作られた時期が推定されるのが重要である。中国の刺繍は宋から元へと次第に粗荒になるとされるが、これはきわめて緻密で、特に観音の全身を埋めつくす亀甲(きっこう)や麻(あさ)の葉(は)つなぎの入り組んだ金糸の駒繍(こまぬ)いは、見る者を圧倒するような旺盛さをしめし、他に類例を見ないところである。 なお愚極智慧の墨蹟の現存するものは数少く、貴重な例である。

刺繍楊柳観音像をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 智慧 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索