文化遺産オンライン

鳳凰刺繡断片

作品概要

鳳凰刺繡断片

染織 /

中国・初唐または飛鳥~奈良時代・7~8世紀

絹製・刺繍

1枚

鎖繍による両面刺繍の断片。鎖繍は古代日本の作品にほとんど見られず、その緻密な出来からも中国・初唐期の製作にかかる可能性が高い。高度な刺繍技術による色彩のグラデーションが美しい作品であり、本来一個体をなした断片が法隆寺献納宝物のうちに残されている。

鳳凰刺繡断片をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 刺繍 / 観音 /

関連作品

チェックした関連作品の検索