文化遺産オンライン

一乗寺本堂

いちじょうじほんどう

作品概要

一乗寺本堂

いちじょうじほんどう

宗教建築 / 江戸 / 近畿

兵庫県

江戸前期/1628

懸造、桁行九間、梁間八間、一重、入母屋造、本瓦葺、背面閼伽棚附属

1棟

兵庫県加西市坂本町

重文指定年月日:19831226
国宝指定年月日:

一乗寺

重要文化財

一乗寺は西国三十三所の第二十六番札所として信仰を集めた天台宗の古刹で、平安時代後期の三重塔は国宝に指定されている。
本堂は懸造の九間堂で規模が大きく、平面以下総体的には中世以来の伝統的手法を踏襲しつつも、外陣内部の柱を減少させるなど礼拝空間の拡大を求めた近世的手法がみられる。宮殿の意匠も優れており、兵庫県下の近世社寺建築の中で代表的なものの一つである。

一乗寺本堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本堂 / / 近世 / 一重

関連作品

チェックした関連作品の検索