旧金毘羅大芝居 こんぴらおおしばい

近世以前その他 / 江戸 / 中国・四国 

香川県
江戸末期/1835
客席及び木戸廻り 桁行18.7m、梁間21.4m、一部二階、切妻造、妻入、
         正面及び側面庇付
舞台及び楽屋廻り 桁行23.6m、梁間14.0m、一部二階、入母屋造、
    …
1棟
香川県仲多度郡琴平町西乙1241番地
重文指定年月日:19700617
国宝指定年月日:
琴平町
重要文化財

この建物は近年まで金丸座と呼ばれていたもので、金刀比羅宮別当金光院によって天保六年(一八三五)七月二六日に手斧初め、同年一〇月九日に完成を見た我が国現存最古の劇場建築である。
舞台にある直径七・三メートルのまわり舞台は、奈落に人力でまわす装置が残っており、また花道の「すっぽん」など原形をよくとどめていて珍しい。

作品所在地の地図

関連リンク

旧金毘羅大芝居チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧呉服座
八千代座
八千代座
康楽館
春日神社能舞台
ページトップへ