嬉野市塩田津 うれしのししおたつ

その他 / 九州 

佐賀県
12.8
佐賀県嬉野市
選定年月日:20051227
重要伝統的建造物群保存地区

塩田津は、有明海の干満の差を利用した川港として、米や陶磁器、その原料である天草陶石などの積卸しを行い、経済の中心地として栄えた。寛政元年(1789)の大火後に普及した「居蔵家」と称する形式の町家が表通りを中心に残る。また、川側に高く築いた石垣には、川に降りる石段や洗い場が設けられ、川港である塩田津特有の景観をつくり出している。

作品所在地の地図

関連リンク

嬉野市塩田津チェックした作品をもとに関連する作品を探す

福山市鞆町
池田家住宅石垣
うきは市筑後吉井
桜川市真壁
豊田市足助
ページトップへ