ローマ、ナヴォーナ広場 ろーま、なう゛ぉーなひろば

油彩画 

カナレット(ジョヴァンニ・アントニオ・カナル) (1697-1768)
かなれっと(じょう゛ぁんに・あんとにお・かなる)
イタリア
18世紀
油彩、カンヴァス
39.5×68.5cm
1

本作は、当時ローマの有名な観光地として知られていた2つの広場を対で描いた2作のうちの1点である。(もう一方の絵は「クィリナーレ宮殿の広場」を描いた作品で、同じく東京富士美術館の所蔵)ナヴォーナ広場は、古代ローマ時代に競技場を造ったのが始まりで、8世紀頃には広場となったようである。噴水を配した壮大な空間はバロック時代の「都市を一種の劇場と見なす」思考が窺えるが、広場では折しも街頭演劇の最中で、まさしく広場の「劇場性」を象徴するかのような多重の意味をもつ描写となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

ローマ、ナヴォーナ広場チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ローマ、クィリナーレ宮殿の広場
ローマ、クィリナーレ宮殿の広場

カナレット(ジョヴァンニ・アントニオ・カナル)

小さな広場と建物のあるカプリッチョ
小さな広場と建物のあるカプリッチョ

グァルディ、フランチェスコ

ヘラクレス・エピトラペジオス(卓上のヘラクレス)
ヴェネツィア、サンマルコ広場
ヴェネツィア、サンマルコ広場

カナレット(ジョヴァンニ・アントニオ・カナル)

スフィンクス橋の眺め
スフィンクス橋の眺め

ロベール、ユベール

ページトップへ