若桜鉄道落石覆 わかさてつどうらくせきおおい

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 中国・四国 

鳥取県
昭和中/1955
鉄筋コンクリート造、面積413㎡、北側落石止擁壁付
1棟
鳥取県八頭郡八頭町用呂字向山
登録年月日:20080708
株式会社若桜鉄道
登録有形文化財(建造物)

雪覆から350m北方に位置する。山沿いに築かれた延長35mの鉄筋コンクリート造構造物で、側壁に14連の半円アーチを穿ち、北側坑口には落石止擁壁を付属する。高さ2m超の頂部には土を詰め、落石時のクッションとする。雪覆と対照的な重厚なつくり。

作品所在地の地図

関連リンク

若桜鉄道落石覆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

若桜鉄道雪覆
わたらせ渓谷鐵道第二神土トンネル
わたらせ渓谷鐵道第一神土トンネル
わたらせ渓谷鐵道第三神梅トンネル
旧北陸線山中ロックシェッド
ページトップへ