五百禩神社石橋及び石垣 いおしじんじゃいしばしおよびいしがき

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 九州 

宮崎県
明治/1868-1881
石橋 石造桁橋、橋長4.1m、幅員4.2m、石垣 石造、延長43m
1基
宮崎県日南市大字楠原字寺の脇1-1他
登録年月日:20100910
五百禩神社
登録有形文化財(建造物)

石塀から東方に堀割石垣と石橋が設置される。石橋は中央に橋脚を設け、太鼓状に桁を架け、十本の石材を渡す。幅4.2m、橋長4.1mで、両側に低い欄干を設置する。石材は地元の飫肥石。石垣は堀の土留で、切石間知積とし、高さ0.7m。

作品所在地の地図

関連リンク

五百禩神社石橋及び石垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真宗大谷派四日市別院石橋及び水路石垣
洞松寺水路石垣及び石橋
蟻通神社太鼓橋
五百禩神社石塀
寶福寺獨木橋
ページトップへ