洞松寺水路石垣及び石橋 とうしょうじすいろいしがきおよびいしばし

その他の画像全2枚中2枚表示

建造物 / 明治 / 中国・四国 

岡山県
明治
石垣 石造、総延長33m 石橋 石造、橋長1.5m
1基
岡山県小田郡矢掛町横谷字舟木谷3796
登録年月日:20110725
宗教法人洞松寺
登録有形文化財(建造物)

山門北側に東西に流れる水路の石垣と、その中央に架かる石橋である。石垣は長さ17mの水路両面に割石乱積で築かれ、石橋は幅2.8m長さ1.5mで、反橋状に削った花崗岩の桁石を並べ、両端材に耳を造り出す。禅院入口の結界を象徴的に示している。

作品所在地の地図

関連リンク

洞松寺水路石垣及び石橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真宗大谷派四日市別院石橋及び水路石垣
洞松寺庫裏
洞松寺門及び土塀
五百禩神社石橋及び石垣
洞松寺書院月泉院
ページトップへ