真宗大谷派四日市別院石橋及び水路石垣 しんしゅうおおたにはよっかいちべついんいしばしおよびすいろいしがき

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 九州 

大分県
江戸/1830-1867
橋 石造桁橋、橋長2.9m、幅9.5m、高欄付、石垣 石造、延長55m
1棟
大分県宇佐市大字四日市字寺町1425-1
登録年月日:20090807
宗教法人真宗大谷派四日市別院
登録有形文化財(建造物)

境内東辺に南北に水路が流れ、山門前には石橋が架かる。幅9.5m長さ2.9mの石造桁橋。上方に反らせた桁を9本架け、板石を並べる。下部に水繰を付ける高欄を両端に置く。石垣は安山岩を割石乱積とする。山門とともに伽藍正面を画し、風格を与える。

作品所在地の地図

関連リンク

真宗大谷派四日市別院石橋及び水路石垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

洞松寺水路石垣及び石橋
真宗大谷派四日市別院土塀及び石垣
五百禩神社石橋及び石垣
寶福寺獨木橋
善通寺誕生院二十日橋
ページトップへ