編物をする羊飼いの女(羊飼いの女:大判) あみものをするひつじかいのおんな(ひつじかいのおんな:おおばん)

版画 

ミレー、ジャン=フランソワ (1814-1875)
みれー、じゃん=ふらんそわ
フランス
1862年
エッチング
31.7×23.6cm
1

1855年から始まった「編物をする羊飼いの女」の総決算的な作品であり、その寸法からもGrande(大判)と呼ばれている。デッサンでは、編み物をする女性の手の表情とそれを見るまなざしが細かく見てとれるが、この版画の中では細部が陰影によってつぶされていて、全体を大きなマッスとして捉えようとしていた様子がうかがえる。また、近景に比べ遠景はより細い線で表されていて、デッサンよりも奥行きを感じさせる試みをしていたことがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

編物をする羊飼いの女(羊飼いの女:大判)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

落穂拾い
落穂拾い

ミレー、ジャン=フランソワ

手押し車の男
手押し車の男

ミレー、ジャン=フランソワ

田園の奏楽
田園の奏楽

ブーシェ、フランソワ

羊毛を梳く女
羊毛を梳く女

ミレー、ジャン=フランソワ

読書する女
読書する女

ルノワール、ピエール=オーギュスト

ページトップへ