落穂拾い おちぼひろい

版画 

ミレー、ジャン=フランソワ (1814-1875)
みれー、じゃん=ふらんそわ
フランス
1855-56年
エッチング
29.5×35.5cm
1

ミレーの版画が絵画に先行している代表的な例である。ルーヴル美術館の油絵は1857年のサロンに出品されており、ほぼ1年前にはその完璧な構図がここに仕上がっていた。背景の細部は油絵とは若干異なり、エッチングの方が地平線の手前寄りに収穫風景を配置しているので、手前の3人との関係は比較的緊密であり、油絵が持つ3人の疎外感は弱められている。また中央の女はエッチングでは腕抜きをまだはめておらず、構図上のアクセントが一つ欠けたようで物足りなさを感じさせ、興味深い点である。

作品所在地の地図

関連リンク

落穂拾いチェックした作品をもとに関連する作品を探す

羊毛を梳く女
羊毛を梳く女

ミレー、ジャン=フランソワ

手押し車の男
手押し車の男

ミレー、ジャン=フランソワ

種をまく人
種をまく人

ミレー、ジャン=フランソワ

編物をする羊飼いの女(羊飼いの女:大判)
編物をする羊飼いの女(羊飼いの女:大判)

ミレー、ジャン=フランソワ

男の肖像
男の肖像

ミレー、ジャン=フランソワ

ページトップへ