手押し車の男 ておしぐるまのおとこ

版画 

ミレー、ジャン=フランソワ (1814-1875)
みれー、じゃん=ふらんそわ
フランス
1855-56年
エッチング
16.3×13.1cm
1

ミレーは、1847年頃、著名な版画家シャルル・ジャックとの出会いから版画を始める。ミレーは感動した題材を描くのに、油彩画だけで満足できずに、パステルやデッサン、そして版画など様々な技法で繰り返し試みている。この版画も1848年から1952年の間に同構図の油絵が描かれているが、デッサン、油絵、版画の三者を見比べると興味深いものがある。特にデッサンの肉太な輪郭線とエッチングのか細い針の跡との比較は、素材と技法に通じたミレーの熟練度の高さを示してくれるであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

手押し車の男チェックした作品をもとに関連する作品を探す

落穂拾い
落穂拾い

ミレー、ジャン=フランソワ

羊毛を梳く女
羊毛を梳く女

ミレー、ジャン=フランソワ

編物をする羊飼いの女(羊飼いの女:大判)
編物をする羊飼いの女(羊飼いの女:大判)

ミレー、ジャン=フランソワ

種をまく人
種をまく人

ミレー、ジャン=フランソワ

男の肖像
男の肖像

ミレー、ジャン=フランソワ

ページトップへ