知多木綿の紡織習俗 ちたもめんのぼうしょくしゅうぞく

その他の画像全7枚中7枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選定年月日:19791207
保護団体名:特定せず
備考:記録:『知多木綿』(知多市民俗資料館・昭和55年)
   :『知多木綿新・織りの技術』(知多市歴史民俗博物館・平成15年)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

我が国では、江戸時代に綿作が普及し、木綿が麻布や藤布・などの天然繊維に取って代わった。知多地方は、我が国の木綿織の中心地の1つであったことから、その紡織習俗と関連用具がよく残っている。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

知多木綿の紡織習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松阪木綿の紡織習俗
丹後の藤布紡織習俗
出雲の藤布紡織習俗
越後のしな布紡織習俗
甑島の葛布の紡織習俗
ページトップへ