時代かゝみ 明和之頃

木版画 / 明治 / 日本 

楊州周延
明治30年2月刊/1897/02/00
木版画
1
郵政博物館
日本郵政株式会社

楊州周延:画材は多く古時代から取って、御殿女中の風俗を写したものが多い。明治三十年前後、一時絵草紙屋の店頭に、周延の錦絵の多く飾られたことがあって、頗る麗美を極め人目を惹いたが、後継者もなくて、この様式のものは滅びた。この当時周延の絵を並べられたものには、宮川春汀や尾形月耕、水野年方などの作があった。
(藤懸静也「浮世絵」)

作品所在地の地図

関連リンク

時代かゝみ 明和之頃チェックした作品をもとに関連する作品を探す

時代かがみ 附録
温故東の花第四篇 旧諸侯参勤御入府之図
貴顕舞踏の略図
貴顕舞踏の略図

楊洲周延

洲崎廓 夜の景(うちわ絵)
洲崎廓 夜の景(うちわ絵)

豊原国周(年玉印)

紀伊海難船之図
紀伊海難船之図

楊州周延

ページトップへ