貴顕舞踏の略図 きけんぶとうのりゃくず

木版画 / 明治 

楊洲周延 (1838-1912)
明治時代/19世紀後半~20世紀初期
木版色摺
各35.1×23.7
3枚続


来歴:池長孟→1951市立神戸美術館→1965市立南蛮美術館→1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019

洋装に身を包んだ黒髪の男女が、洋風の調度品で飾られた部屋の中でダンスを踊っている様子を描いた錦絵。作者の楊洲周延は、上流階級女性の風俗を描いた美人画を得意とし、多くの作品を残しています。

明治10年代後半(1883-87)頃、日本では、西洋諸国に対して日本の近代化を認めさせるため、日本の制度や文化をヨーロッパ風に改めようとする政策が進められました。その代表が、東京にあった官設社交場の鹿鳴館です。本作品は、鹿鳴館で行われたような、明治時代の日本人の舞踏会のイメージを伝えています。


【近代の神戸】

作品所在地の地図

関連リンク

貴顕舞踏の略図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

摂州神戸西洋人馬颿之図
摂州神戸西洋人馬颿之図

長谷川小信(二代貞信)

摂州神戸海岸繁栄之図
摂州神戸海岸繁栄之図

長谷川小信(二代貞信)

花下群舞図
花下群舞図

狩野派

染付花卉文角形向付
染付花卉文角形向付

京焼/「乾山」銘

神戸名所之内 蒸気車相生橋之景
神戸名所之内 蒸気車相生橋之景

長谷川小信(二代貞信)

ページトップへ