敦盛と直実 あつもりとなおざね

木版画 / 江戸 

鈴木春信
江戸時代、明和年間ごろか/1764年~1772年頃か
紙本木版色摺
27.9㎝×20.7㎝
1枚


来歴:1992神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・神戸市立博物館特別展『須磨の歴史と文化』図録 2015
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・神戸市立博物館編『源平物語絵セレクション』 1997

『平家物語』の「敦盛最期」の名手・春信による錦絵です。

直実が敦盛を組み伏せて兜を取ると、我が子と同じ年頃の美少年に驚き、命を助けたいと思うのだが、味方が近づいてくるため、直実は自ら菩提を弔うため泣く泣く頚を取る、という場面が描かれています。

美人画をを得意とした春信が描くと、関東武者の直実と凛々しい美少年敦盛が顔を見合わせる間には、敵味方の関係とは異なる情感がこもっています。

【中世の神戸】【江戸の絵画】

作品所在地の地図

関連リンク

敦盛と直実チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小敦盛絵巻
新板一谷合戦図
新板一谷合戦図

歌川国貞画

摂州神戸海岸繁栄之図
摂州神戸海岸繁栄之図

長谷川小信(二代貞信)

鵯越逆落平家落城梶原働図
松喰鶴鏡
松喰鶴鏡

出土地不明

ページトップへ