文化遺産オンライン

瑞花鴛鴦八稜鏡

ずいかえんおうはちりょうきょう

作品概要

瑞花鴛鴦八稜鏡

ずいかえんおうはちりょうきょう

金工 / 平安

伝福岡県内経塚出土

平安時代後期

青銅

面径9.6~13.0㎝

1面

昭和23年4月27日重要美術品

来歴:1982神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・池田毅「和鑑にみえるもの-神戸市立博物館所蔵の中世和鏡の検討」(『神戸市立博物館研究紀要』第22号) 2006
・森田稔「石峯寺経塚遺物の再検討」(『神戸市立博物館研究紀要』第8号) 1991

重要美術品

瑞花鴛鴦(えんおう)八稜(りょう)鏡は、8箇所の稜を持つ銅鏡で、鋳上がりは良好です。

外面の内圏には、吉兆の文様である瑞花唐草文と鴛鴦(おしどり)の文様が鈕(ちゅう)を中心に点対称に配され、足を鈕側に向け、左後ろに振り返る構図となっており、外圏には簡素化された唐草を鋳出しています。
 

【中世の神戸】

瑞花鴛鴦八稜鏡をもっと見る

伝福岡県内経塚出土をもっと見る

神戸市立博物館をもっと見る

キーワード

神戸 / 市立 / / 紀要

関連作品

チェックした関連作品の検索