Kanjō-zuigan-ōjō-kyō

Details

Kanjō-zuigan-ōjō-kyō

calligraphy / Nara

Nara period, 8th century/Tenpyō 9, 737

Handscroll, ink on paper

H 25.8, L 548.0

1巻

重要文化財

 天平9年(737)に出雲守の石川年足(688~762)が発願したもの。巻尾に19行にわたる長文の奥書があり、書写の事情が知られる。それによれば、石川年足は亡男二郎のために、薬師如来と侠侍観世音菩薩および日光・月光菩薩像一鋪を描き、あわせてこの経典を書写して二郎の冥福を祈ったことがわかる。
 天平9年(737)には天然痘が大流行し、藤原不比等の四子をはじめ多くの人々が病死した。二郎もそのひとりであったのかもしれない。
 『灌頂随願往生経』は、『灌頂経』12巻の第十一巻に配される経典で、釈尊が涅槃に入ろうとする時に、普広菩薩の問に答えて十方浄土の相とその往生する因縁を説いたものである。
 石川年足の願経は、このほか天平10年(738)に自身の安穏のために写した『弥勒上生経』(重要文化財、京都・高山寺蔵)、天平11年(739)に父母の追善のために書写して浄土寺(山田寺)に安置した『大般若経』600巻のうちの巻第二百三十二(重要文化財、個人蔵)が現存している。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.302, no.111.

Search by Kanjō-zuigan-ōjō-kyō

Search by Nara National Museum

Keywords

/ 般若 / / 書写

Related Works

Search items related to work chosen