灌頂随願往生経(石川年足願経) かんじょうずいがんおうじょうきょう(いしかわのとしたりがんきょう)

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 奈良県 

奈良時代 8世紀/天平9 737
紙本 墨書 巻子
縦25.8 長548.0
1巻
重要文化財

 天平9年(737)に出雲守の石川年足(688~762)が発願したもの。巻尾に19行にわたる長文の奥書があり、書写の事情が知られる。それによれば、石川年足は亡男二郎のために、薬師如来と侠侍観世音菩薩および日光・月光菩薩像一鋪を描き、あわせてこの経典を書写して二郎の冥福を祈ったことがわかる。
 天平9年(737)には天然痘が大流行し、藤原不比等の四子をはじめ多くの人々が病死した。二郎もそのひとりであったのかもしれない。
 『灌頂随願往生経』は、『灌頂経』12巻の第十一巻に配される経典で、釈尊が涅槃に入ろうとする時に、普広菩薩の問に答えて十方浄土の相とその往生する因縁を説いたものである。
 石川年足の願経は、このほか天平10年(738)に自身の安穏のために写した『弥勒上生経』(重要文化財、京都・高山寺蔵)、天平11年(739)に父母の追善のために書写して浄土寺(山田寺)に安置した『大般若経』600巻のうちの巻第二百三十二(重要文化財、個人蔵)が現存している。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.302, no.111.

作品所在地の地図

関連リンク

灌頂随願往生経(石川年足願経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑜伽師地論 巻第八十九(舎人国足願経)
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
虚空孕菩薩経巻下(光明皇后御願経・五月一日経)
阿闍世王経 巻下(五月一日経)
中阿含経 巻第九(善光朱印経)
ページトップへ