小早川家住宅石塀 こばやかわけじゅうたくいしべい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 九州 

長崎県
江戸/1751~1830
石造、総延長98.7m
1基
長崎県島原市城内2-1013
登録年月日:20120223
島原市
登録有形文化財(建造物)

敷地の東.南.西面、及び門と主屋の間に築かれた石塀で、高さ1.6メートル内外、総延長98.7メートルを測る。灰色.桃色.青色などの島原石の切石を亀甲状に巧緻に積み上げ、上部に拳大の割石を積む。島原城下の武家屋敷の特徴をよくとどめている。

作品所在地の地図

関連リンク

小早川家住宅石塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小早川家住宅煉瓦塀
旧菅沼家住宅(知半庵)門及び塀
小早川家住宅門
旧矢中家住宅石蔵及び石塀
しまばら湧水館(旧三村家住宅)石柱門及び石塀
ページトップへ