向嶽寺庭園 こうがくじていえん

その他の画像全4枚中4枚表示

名勝 / 中部 

山梨県
塩山市上於曽
指定年月日:19940606
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 向嶽寺は、臨済宗向嶽寺派大本山である。塩山市街地から北西方へ約一キロメートル、標高約五五〇メートルの独立峰「塩ノ山」南山麓に位置する。寺史によれば、当寺は、康暦二年(一三八〇)、抜隊得勝禅師がこの地に草庵「向嶽庵」を開いたことに始まるとう。以後、武田氏、徳川氏の庇護を受け、延亨二年(一七四五)幕府に提出した寺院帳によれば向嶽寺を本寺として塔頭三五、末寺四九、孫末寺三二があり、別に離末寺二七が挙げられている。多くの被災のうちでも最大の火災は天明六年(一七八六)に起こり、伽藍の大半を失った。以後徐々に復興されたが、古建築としては、中門(室町時代-重要文化財)を残すのみである。
 庭園は、境内最北端、大正十五年に焼失した方丈の裏(北側)に面した山裾の斜面に造られている。長い間、半ば埋もれ荒廃し、三尊石や滝石組などの頭部が見えている状態であったが、平成二年度に発掘調査が行われ、全貌が明らかになった。その結果、上段の池が発見されるとともに、後世、逍遥するために設けられた飛石なども検出された。続いて三年度には、調査結果を基に、飛石などの除去を含めた修復工事が行われ庭景が整備された。
 庭園は、方丈からの眺めを主目的に造られたものと考えられる。正面上部の高さ二メートルを越す「三尊石」(「遠山石」の役も果たす)を主石として、左方上部から屈曲する石組溝により山水を導き、大振りの添石を配した滝石組で上段の小池へ落とす。右方からも(導水路の上部は不明だが)水を導き、小振りの滝石組で同じく池へ落とす。この池から伝落の小滝石組で水を導き、高さ一・三メートルの最大の…

作品所在地の地図

関連リンク

向嶽寺庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

總光寺庭園
旧梶村氏庭園
旧観自在王院庭園
坪川氏庭園
吉川元春館跡庭園
ページトップへ