上井覚兼日記 うわいかくけんにっき

その他の画像全4枚中4枚表示

その他の美術 / 安土・桃山 / 関東 

東京都
桃山
27冊
東京大学史料編纂所 東京都文京区本郷7-3-1
重文指定年月日:19980630
国宝指定年月日:
登録年月日:
国立大学法人東京大学
国宝・重要文化財(美術品)

 『上井覚兼日記』は島津義久の老中であった上井伊勢守覚兼(一五四五-八九)の自筆日記である。『伊勢守日記』などとも称される。現在、島津家旧蔵の原本二七冊が東京大学史料編纂所に架蔵されている。
 上井覚兼は大隅国上井村出であり、父薫兼は薩摩国永吉郷地頭に任じられている。初名為兼、のちに覚兼と改める。島津義久に仕えて奏者となり、天正四年(一五五六)九月三日、老中職に任じられ、伊勢守と称した。同八年以後は日向国宮崎地頭となり山東地域の統括者としての地位にあった。
 本書の体裁は袋綴装冊子本で、表紙に藍地小葵襷花菱文の後補表紙を装し、題簽には「伊勢守日記『幾』」とある。原表紙は共紙表紙で、中央に外題「日記」と墨書する。本文の料紙には楮紙を用い、本文は半葉九行前後に書かれている。各冊は年あるいは月替わりによって分けられておらず、随時改冊され、紙数および判型も揃っていない。
 内容は、①天正二年八月から同四年九月までの鹿児島奏者の時期約二か年と、②天正十年十一月から同十四年十月までの島津氏老中兼宮崎地頭の時期約四か年に該当する。①の時期は「如常出仕申候」から毎日の記載が始まり、鹿児島での奏者としての役務記事で占められており、薩隅での相論などについての記述は詳細である。②の時期は地頭任地所である宮崎での日常生活に関する記載が多く、老中としての役務の場合は「出仕如常」と区別している。天正十二年十月記の巻末には「右書、當時當時任筆記置候間、後見嘲哢無是非候、殊更再覧不仕候条、落字等可有之候、御推察肝要候」とあり、本日記の性格を考えるうえで貴重である。
 こ…

作品所在地の地図

関連リンク

上井覚兼日記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牛根麓稲荷神社の埋没鳥居
島津家文書(一万五千百三十三通)
薩藩旧記雑録
堅志田城跡
実隆公記
ページトップへ