Tazawakonomarukibune

田沢湖のまるきぶね

Details

Tazawakonomarukibune

田沢湖のまるきぶね

有形民俗文化財 / 東北

秋田県

1隻

仙北市田沢湖潟字ヨテコ沢4番地

指定年月日:19640529
管理団体名:
備考:

仙北市

重要有形民俗文化財

 このまるきぶねは、杉の一木を刳り抜いて造ったもので、秋田県仙北市(旧仙北郡田沢湖町)の田沢湖における鱒(クニマス)漁に主として使用され、また湖上での交通にも使用されたものである。
 舟の前部をハナ、後部をトモ、底部をシタと呼び、側面はホテという。舟はトモ部分に敷いたノリシ板に正座してヘラ(櫂)を片手に持って繰る。明治30年頃に作られたものである。

Related Works

Search items related to work chosen