播磨総社「三ツ山」ひな型 はりまそうしゃみつやまひながた

その他の画像全4枚中4枚表示

有形民俗文化財 / 近畿 

兵庫県
3基
姫路市総社本町190
指定年月日:19600609
管理団体名:
備考:※このひな型に関連する行事は、昭和34年3月1日に「播磨総社一ツ山・三ツ山神事」として記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択さ…
射楯兵主神社
重要有形民俗文化財

 播磨総社の「三ツ山」ひな型は、60年ごとに執行される「一ツ山」行事、20年ごとに執行される「三ツ山」行事にあたって設けられる「置き山」のひな型である。
 「置き山」とは自然の山を模した人工の山で、ここに降臨した神を祭場に招いてまつるのが、神社以前の形式と考えられる。実物は祭礼が終わると解体破却されるので、この「ひな型」を作って設計図とする慣わしであったという。

作品所在地の地図

関連リンク

播磨総社「三ツ山」ひな型チェックした作品をもとに関連する作品を探す

播磨総社一ツ山・三ツ山神事
蓋井島「山の神」神事
伊勢の「白石持ち」行事
伊勢の「お木曳き」行事
盆行事
ページトップへ