文化遺産オンライン

金銅骨蔵器/奈良県北葛城郡当麻町加守出土

こんどうこつぞうき

概要

金銅骨蔵器/奈良県北葛城郡当麻町加守出土

こんどうこつぞうき

考古資料 / 奈良 / 関東

東京都

奈良

1合

台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

火葬骨を収め埋納するための骨蔵器である。八世紀初頭、火葬墓が最も盛んに営まれた畿内において発見されたもので、骨蔵器として典型的な形態を具えている。製作も精緻で、鍍金が厚く施され、形姿の整った重厚なもので、保存状態もよく、金銅骨蔵器中比類のない優品である。わが国奈良時代の墳墓研究上特に貴重な資料であり、工芸資料としても注目される。

関連作品

チェックした関連作品の検索