カリギヌ

裁縫雛形 狩衣

Details

カリギヌ

裁縫雛形 狩衣

有形民俗文化財 / 日本

明治38年製作

丈454 裄300 (mm)

重要有形民俗文化財 渡辺学園裁縫雛形コレクション (3-イ-67)

狩衣は、平安時代初期に、上流階級の人々が日常着や鷹狩り等の野外での活動に用いた。時代とともにフォーマル化し、江戸時代には礼服として着用された。
実寸法の約1/3
墨書「狩衣」
「渡邊辰五郎之見之印」あり
指導検印あり
登録番号1652

Search by カリギヌ

Search by 東京家政大学博物館

Keywords

模様 / Edo / 狩衣 / 染織

Related Works

Search items related to work chosen