跡部の踊り念仏 あとべのおどりねんぶつ

無形民俗文化財 / 中部 

長野県
指定年月日:20001227
保護団体名:跡部踊り念仏保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 跡部の踊り念仏は、太鼓を中心に据えて、そのまわりを、踊り手が念仏を唱えたり、鉦【かね】を打ち鳴らしながら輪になって踊るものである。鎌倉時代に、諸国をまわって念仏を広めた時宗【じしゅう】の開祖【かいそ】の一遍上人【いっぺんしょうにん】が、弘安二年(一二七九)に、現在の長野県佐久市を訪れ、念仏供養を行ったところ、人びとが念仏を唱えながら自然に踊りだした。これが跡部の踊り念仏の始まりであると伝えられる。この踊り念仏は、念仏を唱え鉦や太鼓をひたすらたたき、集団で踊るうちに、無我の境地にはいるというもので、当時の人びとに広く受け入れられ、その後も佐久周辺で踊り念仏が行われた。なお当時、跡部村に市が立ち、その広場が踊りの場となったため、後も跡部村が踊り念仏の中心になっていったと考えられている。天保十一年(一八四〇)の記録には、跡部の踊り念仏に遠近百か村から参加があったことが記されている。
 跡部の踊り念仏は、以前は地元の西方寺【さいほうじ】境内にある観音堂の縁日である四月十七日に行われ、後に三月中旬の日曜日になったり、あるいは春の彼岸に近い日曜日となったりしたが、現在は四月の第一日曜日に、同寺の本堂で行われている。
 一連の行事は、西方寺本堂に、二間(約四メートル)四方のドウジョウ(道場)と呼ばれる場所を組み立てることから始まる。この道場は周囲に板塔婆【いたとうば】を立てた垣を巡らして布で屋根のように覆い、四方には発心【ほっしん】、修行【しゅぎょう】、菩提【ぼだい】、涅槃【ねはん】と呼ばれる鳥居【とりい】型の門を設け、四隅の柱に光明遍照などと記された…

作品所在地の地図

関連リンク

跡部の踊り念仏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

跡部の踊念仏
百村の百堂念仏舞
上羽太の天道念仏踊
南須釜の念仏踊
六座念仏の称念仏踊
ページトップへ