上羽太の天道念仏踊 かみはぶとのてんどうねんぶつおどり

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

選択年月日:19981201
保護団体名:上羽太天道念仏保存会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 上羽太の天道念仏踊は、天道、つまり太陽に豊作を祈る天道念仏踊の一つで、踊りの場に、太陽と三日月をかたどった飾りを掲げ、念仏を含む歌に合わせて踊られる。
 この天道念仏踊は、上羽太公民館の前庭を踊りの場にし、毎年六月の第一日曜日に行われて、当日の午前中から飾りの準備などを始める。公民館の座敷を庭に向かって開け放ち、庭の四隅に臼を置いて方形の踊りの場を作る。座敷の向かい側とその両側には、臼と臼の間に梯子を掛け渡して三方を囲い、なかに籾殻を敷く。各臼には笹付きの竹を立て、竹と竹の間に注連縄を張る。座敷の前に棚を置き、その上に御幣【ごへい】や野菜、升に入れた米、一メートルほどの長さの割竹に色紙を飾った「花飾り」と呼ばれるものなどを供え、座敷の軒に、朱色で円形の太陽を示すものと、黄色の三日月を示す飾りを掲げる。踊りに先立ち、関係者が踊りの場に入り棚に向かって並び神事が行われる。
 踊りは「軽井沢」「十二あぐ」「竹島」「うちわ太鼓」「サーホイ(そばまき)」「ふん返し」「サンジモサ(豊年太鼓)」の七種で、この順番に踊る。最後の「サンジモサ」は、腰に太鼓を付けた四人の踊り手が向かい合い、太鼓を打ちながら、周囲に並んだ人びとの歌に合わせて踊り、歌と歌の間には太鼓を連打する。その他の踊りは、笛と、太鼓を打ちながら歌う歌い手が脇にいて、十数名の踊り手が踊りの場に入り輪になって踊る。歌い手は「上げ念仏」、踊り手は「下げ念仏」と呼ばれ、まず踊り手が踊りながら「ナーモアーミダーアョブツ」と歌い出し、歌い手がそのあとを歌い踊りが続く。地元では、踊りの所作を、地起こし、…

関連リンク

上羽太の天道念仏踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

関辺のさんじもさ踊
東伊豆地方の鹿島踊
南須釜の念仏踊
大村の寿古踊
銀鏡臼太鼓踊
ページトップへ