鳳来町のほうか ほうらいちょうのほうか

その他の画像全4枚中4枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19811224
保護団体名:登喜和連,一色念仏放下保存会,壮信友,源氏若連会,名号放下保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この鳳来町五地域では盆行事として″ほうか″と呼ばれる念仏踊(大念仏)が行われている。踊りの次第は三名の踊り手が、提灯持を先頭に大団扇【おおうちわ】を背負い、腰に太鼓をつけ、笛、鉦の囃子、念仏衆、ホロ等と一団をなして寺社の境内や地内の新盆の家に練り込んで踊るもので、大団扇役が腰の太鼓を打ちつつ跳る姿が人目をひく。
 また、踊りの一行が新盆の家に練り込む時は、道行き、門掛りの曲の後にその庭へ入る。位牌の前で村人等による念仏が詠唱され、続いて大団扇役を中心としたほおかが歌い踊られる。
 この″ほうか″の特色は、放下の芸(室町時代の放下僧などによる手品、曲芸等の雑芸)の一つと目されている放下歌(語り物調の長い節まわしの歌)を演目の中に含むものであり、この″ほうか″も近年、新盆の家への練り込みを省略するなど伝承の姿に変容がみられるので、旧来の姿の記録保存が急がれている。

関連リンク

鳳来町のほうかチェックした作品をもとに関連する作品を探す

大海のほうか
滝宮の念仏踊
下伊那のかけ踊
南須釜の念仏踊
滝宮の念仏踊
ページトップへ