石山城跡 いしやまじょうあと

城跡 / 九州 

宮崎県
石山城跡は、大淀川右岸の台地上に位置している。西南方へのびる段丘先端を空堀で遮断することによって区画した主郭部の平面形は、長径約43mの楕円形をなす。北側と東側に土塁状の…
宮崎県都城市高城町石山1729番地1
都城市指定
指定年月日:20121011
記念物

『御道中記』には「一石山城 高さ四間 百五十六間廻り 四方堀 水の手西に有り/右何某の居城の訳相知れず候え共古城と相見申し候/定めて茶臼陣・鳥越陣出陣の刻、対陣の処かと相見え申し候。茶臼陣は未申の方四町程、鳥越陣は酉の方二町程有り、当分湯屋権現山と申し唱え候。巽の方に永禄八年建立の由にて熊野三所権現社在り、往古此の林下に温泉これ有る為の由緒にて湯屋権現山と唱え、且又 湯屋園門と申す百姓屋敷有」と記載されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

石山城跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小山城跡
勝茂公より忠直公への御書き物
山縣昌景書状
山縣昌景書状

山縣昌景

志布志城跡
小山氏城跡<BR/> 鷲城跡<BR/> 祇園城跡<BR/> 中久喜城跡
ページトップへ