扶桑略記巻第二十 ふそうりゃっきまきだいにじゅう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 九州 

鎌倉
1帖
重文指定年月日:19740608
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

扶桑略記は平安時代後期延暦寺僧皇円の撰で、もと三十巻あったと伝えられるが、現在は十六巻を存するのみである。本書はその巻第二十の最古写本で、三括の料紙を綴じた綴葉装で、本紙共紙の素表紙に「扶桑略記第廿」と墨書外題があり、右下に「道範」と伝領記がある。鎌倉時代前期高野山の学僧道範(一一八四~一二五一)の所持になり、高野山伝来の孤本として注目される。

関連リンク

扶桑略記巻第二十チェックした作品をもとに関連する作品を探す

成尋阿闍梨母集
八雲御抄
台記〈保延五年二月二十三日列見記/〉
今昔物語集
新古今和歌集(隠岐本)上
ページトップへ