種子島南種子の座敷舞 たねがしまみなみたねのざしきまい

無形民俗文化財 / 九州 

選択年月日:19951226
保護団体名:平山郷土文化保存会
備考:
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 種子島の南端の南種子町では結婚式や新築祝、その他の祝の席で種々の舞が行われてきている。これらは、その席の皆が手拍子を打ってはやすなかで、なかの一人が歌いつつ即興的に演じるもので、歌詞は地元の種子島の言葉をふんだんに含み、特に擬態語にその特色がある。
 祝宴では、まず「めでた節」とよばれる歌を全員で歌い、その後に舞が披露されていく慣いであった。踊り手は、はじめに入り口付近に控えて一座に向かって一礼し、中央に出て舞う。歌によって座敷箒や手拭など身近なものを小道具に使い、一応の舞振りは決まっているが、主題に応じて、それぞれの舞い手の工夫が加えられる。周囲の者が歌う「何々舞はみいさいな。何々舞はみいさいな」というハヤシと舞い手自身の歌との掛け合いで進行する。
 演目は「鳥刺【とりさ】し舞」「蟹舞」「婆【ば】じょう舞」「味噌すり舞」「仏舞」「バックー舞(ひきがえるの舞)」などで、このうち動物の形態を主題とする「蟹舞」や「バックー舞」は他には類例がないものとされる。
 また、この地域では、小正月に「蚕舞」とよばれる芸能が行われる。これは一月十四日と十五日の夜に、「嫁ジョー」あるいは「コノミヤジョウ」とよばれる晴着で女装した青年と道化役の青年、お礼の鏡餅をいれる「カンザー」とよばれる籠を持った者を中心に地区の青年たちが家々をめぐり、各家の座敷で祝福の舞を披露していくもので、養蚕の成功や豊作を祈願する舞である。
 以上の舞は、いずれも芸能の変遷の過程を示し、地域的特色を持つ重要なものである。

関連リンク

種子島南種子の座敷舞チェックした作品をもとに関連する作品を探す

泡瀬の京太郎
下北の能舞
アイヌ古式舞踊
黒森神楽
伊江島の村踊
ページトップへ