岡山県の会陽の習俗 おかやまけんのえようのしゅうぞく

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選定年月日:20030220
保護団体名:特定せず
備考:公開日:2月第三土曜日ほか(選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録:『岡山県の会陽の…
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この行事は、岡山県南部を中心にした地域のいくつかの社寺に伝承される、会陽あるいは裸祭りと呼ばれる行事である。年始に国家安泰や万民豊楽などを祈願する修正会が民俗行事化したものである。例えば、西大寺では、2月第三土曜日の13日前から修正会が始まる。結願の日には、下帯姿の男たちが本堂大床に集まり、深夜0時に投げおろされる2本のシンギを奪い合う。シンギを手にした男は、本堂を出て祝主のもとに駆け込み、一升枡の米にシンギを立てる。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

岡山県の会陽の習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

西大寺の会陽
等覚寺の松会
戸沢のねじ行事
神原八幡宮の取り追う祭
伊那谷のコト八日行事
ページトップへ