祭屋台等製作修理 まつりやたいとうせいさくしゅうり

その他の画像全3枚中3枚表示

文化財保存技術 

選定年月日:20020708
選定保存技術

祭屋台等の製作修理技術は、木工、彫刻、漆工、染織、金工、人形などの多様な伝統的な技術からなり、それぞれの技術が有機的に組み合わされて、豪華絢爛とした工芸作品ともいうべき祭屋台等を造り出している。こうした技術の継承にあたっては、実用面を前提とした、総合的な取り組みが必要である。
 祭屋台等の製作修理技術には、京都市の綴織【つづれおり】や刺繍などの技術、高山市の木工関係技術などのように特定地域に集中するものと、各地の在地性の高いものとがあるが、いずれも恒常的な需要が見込めないことなどから技術の継承が困難となっている。

関連リンク

祭屋台等製作修理チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木工品修理
手打針製作
手機製作
漆掻き用具製作
漆刷毛製作
ページトップへ