標津湿原 しべつしつげん

天然記念物 / 北海道 

北海道
標津郡標津町
指定年月日:19790807
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 ポー川河口付近の右岸に形成されている高層湿原を中心とした地域で、連続する中間・低層湿原を含んでいる。
 高層湿原は高さ30~50センチのチャミズゴケの大きなブルトが1~3メートル間隔でハンモック状にひろがる特色のある湿原でガンコウラン、コケモモ、エゾイソツツジ、ツルコケモモ、ヒメシャクナゲなどを伴っている。
 中間湿原は全域に分布し、イボミズゴケ群落の中にホロムイスゲ、ワタスゲの叢株が多く、ツルコケモモ、ヤチヤナギ、ヤマドリゼンマイ、モウセンゴケが形成され、ザゼンソウなどを伴う。
 低層湿原は北部にやや広くひろがりヤチハンノキを交える区域と樹林を欠きキタヨシスゲ類の占めるところとがある。以上のように湿原・河畔拠水林・ポー川等を含め現在まで自然状態で保存されてきており、学術上の価値は高いと認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

標津湿原チェックした作品をもとに関連する作品を探す

駒止湿原
赤井谷地沼野植物群落
標津遺跡群<BR/> 伊茶仁カリカリウス遺跡<BR/> 古道遺跡<BR/> 三本木遺跡
鳥海山獅子ヶ鼻湿原植物群落及び新山溶岩流末端崖と湧水群
雨龍沼高層湿原帯
ページトップへ