皮袋形土器/上ノ原遺跡出土 かわぶくろがたどき/うえのはらいせきしゅつど

縄文 / 東北 

宮城県
縄文時代中期
高 9.8センチメートル
1箇
宮城県仙台市
宮城県指定
指定年月日:20120501
仙台市
有形文化財(美術工芸品)

 本資料は、仙台市太白区秋保の上ノ原遺跡から林道工事の際に出土したとされる。本土器は、縄文時代中期(大木8b式)の特徴的な文様で飾られているが、皮袋形といわれる特異な形を持つものである。この形態の土器は類例が少なく、県内はもとより東北地方でも唯一の貴重なものである。完形品で、作りは精巧であり、遺存状態も良好である。
 平成6年3月29日仙台市指定有形文化財に指定。平成24年5月1日仙台市指定有形文化財の指定解除(仙台市教育委員会告示第7号)。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

皮袋形土器/上ノ原遺跡出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

野川遺跡出土品
土偶/蔵王町鍛冶沢遺跡出土
伊勢堂岱遺跡出土品
深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
安道寺遺跡出土品
ページトップへ