ヴィレールヴィルの海岸 う゛ぃれーるう゛ぃるのかいがん

油彩画 

ドービニー、シャルル=フランソワ (1817-1878)
どーびにー、しゃるる=ふらんそわ
フランス
1870年
油彩、カンヴァス
106.0×216.0cm
1

ドービニーは、普仏戦争を避けて家族とともにヴィレールヴィルおよびロンドンへ旅行をしている。この絵もその旅行中に描かれたものであろう。 ヴィレールヴィルはノルマンディーの小さな町で、セーヌ川の河口に当たる。浜辺の風景はドービニーの主要なモチーフで、絶えず水のそばから霊感を引き出していた彼独自の世界である。干潮時に、牡蠣や貝を採る女たちの姿を点景として、磯の香漂う抒情を描いた大作。

作品所在地の地図

関連リンク

ヴィレールヴィルの海岸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

川辺の風景
川辺の風景

ドービニー、シャルル=フランソワ

田園の奏楽
田園の奏楽

ブーシェ、フランソワ

ユディト
ユディト

コロー、ジャン=バティスト・カミーユ

ヴィーナスの勝利
ヴィーナスの勝利

ブーシェ、フランソワ

春、朝、曇り、エラニー
春、朝、曇り、エラニー

ピサロ、カミーユ

ページトップへ