詩書山水図貼交屏風 ししょさんすいずはりまぜびょうぶ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

野呂介石・伊藤蘭嵎 (1747-1828, 1694-1778)
のろかいせき いとうらんぐう
江戸時代中期/1780
紙本墨書淡彩
各扇縦132.3cm,横54.0cm
6曲1双

 紀州の文人画家・野呂介石(1747~1828)の師であり、紀伊藩の著名な儒学者であった伊藤蘭嵎(1694~1778)が『唐詩選』に掲載された五言絶句6首、孟浩然「春暁」・李白「秋浦歌」・王維「竹里館」・楊炯「夜送趙縦」・李白「独坐敬亭山」・韋応物「秋夜寄丘二十二員外」を書し、介石がそれぞれの詩趣にあわせて山水図6面を作画した貼交屏風である。款記の「庚子」は、介石34歳に相当し、彼のごく初期の作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

詩書山水図貼交屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金箋山水図
金箋山水図

野呂介石

野呂介石 雪景山水図
松林山水図 
松林山水図 

野際白雪

那智三瀑図
那智三瀑図

野呂介石

山水図
山水図

愛石

ページトップへ