文化遺産オンライン

中山寺山門

ちゅうざんじさんもん

概要

中山寺山門

ちゅうざんじさんもん

宗教建築 / 江戸 / 近畿

三重県

江戸/1699頃/2006改修

木造、瓦葺、間口3.2m

1棟

三重県伊勢市勢田町410

登録年月日:20140425

宗教法人中山寺

登録有形文化財(建造物)

境内の東辺に開く。一間一戸の薬医門で、角柱の本柱上に太い冠木を置き、男梁を載せ、屋根は切妻造本瓦葺とする。本柱からは腕木状に女梁を伸ばし、斗を置いて男梁を支える。妻飾は棟束に板蟇股様の笈形を付ける。全体に装飾を控えて、簡明で重厚な意匠となる。

中山寺山門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 冠木 / 山門 /

関連作品

チェックした関連作品の検索