旧石橋家住宅庭塀 きゅうきゅういしばしけじゅうたくにわべい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 近畿 

滋賀県
明治/1868~1882
木造、瓦葺、延長9.7m、潜戸付
1棟
滋賀県彦根市芹町11他
登録年月日:20130621
彦根市
登録有形文化財(建造物)

南蔵東面と中主屋北東角を折曲がりにつなぐ塀で、総延長九・七メートルを測る。北側は高さ二・五~三メートル、切妻造桟瓦葺で、腰板を張り、壁を漆喰塗とする。南側は大和塀形式で、中央に潜戸を開き、襷欄間を設ける。瀟洒なつくりの庭塀である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧石橋家住宅庭塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧石橋家住宅北塀
旧石橋家住宅南塀
旧石橋家住宅西塀
旧石橋家住宅南蔵
旧石橋家住宅西蔵
ページトップへ