宮處八幡宮本殿 みやどころはちまんぐうほんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

香川県
昭和前/1936
木造平屋建、檜皮葺及び銅板葺、建築面積31㎡
1棟
香川県高松市前田西町字岡崎512
登録年月日:20131224
宗教法人宮處八幡宮
登録有形文化財(建造物)

高い石積基壇上に建ち、正面一間側面二間、入母屋造、正面向拝付、軒唐破風及び千鳥破風付、檜皮葺である。側背面に廻らした縁に五手先、正面の浜床に三手先の腰組を組み、軒は二軒で側背面を扇垂木とする。複雑な構成の細部を丁寧にまとめた見応えある近代社殿。

作品所在地の地図

関連リンク

宮處八幡宮本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

讃留霊王神社幣殿
宇夫階神社末社塩竈神社本殿
日下家住宅金毘羅社
慧日寺鐘楼
加佐美神社本殿
ページトップへ