徳川園黒門 とくがわえんくろもん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中部 

愛知県
明治/1899
木造、瓦葺、間口3.6m、潜戸付
1棟
愛知県名古屋市東区徳川町1001
登録年月日:20141007
名古屋市
登録有形文化財(建造物)

尾張徳川家名古屋本邸の正門として建設された。間口の広い三間薬医門形式で、軸部は木太いケヤキを用いる。左右に塀を接続し、北には脇長屋を従える。貴顕の本邸正面を飾るに相応しい堂々とした容姿で、現在は徳川園の正門として、黒門の愛称で親しまれる。

作品所在地の地図

関連リンク

徳川園黒門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳川園脇長屋
徳川園塀
徳川園釣瓶井戸
蓮教寺山門及び脇塀
名古屋市東山荘正門及び塀
ページトップへ