真宗大谷派名古屋別院東門及び土塀 しんしゅうおおたにはなごやべついんひがしもんおよびどべい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

愛知県
江戸/1751~1830
東門 木造、瓦葺、間口4.2m、左右袖塀及び北方潜戸付 土塀 土塀、瓦葺、総延長9.8m
1棟
愛知県名古屋市中区橘二丁目8-55
登録年月日:
宗教法人真宗大谷派名古屋別院
登録有形文化財(建造物)

市中心部にある境内東面に開く門と両脇に延びる土塀。切妻造本瓦葺の一間一戸高麗門で、本柱を木鼻付の楣で固め、3筋の腕木で軒桁を受ける。量感ある部材を用いて規模雄大につくり、大寺院の風格ある表構えを形成する。戦災を免れて市内に残る希少な遺構。

関連リンク

真宗大谷派名古屋別院東門及び土塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

感田神社南門
爲三郎記念館東門
中森家住宅門及び土塀
身延山久遠寺甘露門及び門番所
小原家住宅表門
ページトップへ