爲三郎記念館東門 ためさぶろうきねんかんひがしもん

住居建築 / 昭和以降 / 中部 

愛知県
昭和前/1926~1945
木造、こけら葺、間口1.2m、左右袖塀付
1棟
愛知県名古屋市千種区掘割町一丁目9
登録年月日:20181102
公益財団法人古川知足会
登録有形文化財(建造物)

敷地東面の街路からやや奥の石段上に開く門。切妻造の腕木門で、左右に袖塀を付す。間口1・2メートルで本柱を立て、肘木付腕木で軒桁を受け、疎垂木とする。小規模ながら、磨き丸太の軒桁や垂木、こけら葺屋根の数寄屋意匠が閑静な佇まいを形成している。

関連リンク

爲三郎記念館東門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

爲三郎記念館正門
碧雲荘(旧熊本家住宅)門
小島家住宅門
旧喜多藤表門
岐美家住宅門
ページトップへ