聖ザビエル伝 せいざびえるでん

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 江戸 / ヨーロッパ 

ドミニク・ブウール (1628‐1702)
江戸時代/1682年
版本
縦25.7×横17.8㎝
1冊

イエズス会のドミニク・ブウール(1628‐1702)が1682年に出版したザビエルの伝記。ザビエルの少年時代に始まり、イエズス会の創立、インド布教、マラッカにおける日本人との出会い、日本での布教、中国への旅の途中での死去、また彼の起した奇蹟などについて記述されている。扉絵にはザビエルの聖人としての肖像画があり、また彼の布教の道程を示した地図もおさめられている。なお、同書は、19世紀までに数十回も版を重ねて出版されており、英語、イタリア語、ポーランド語、アラビア語などにも翻訳されるなど、人気を博したようで、本書はその初版本にあたるもの。

作品所在地の地図

関連リンク

聖ザビエル伝チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色フランシスコ・ザビエル像
東洋の使徒フランシスコ・ザビエルの生涯
天正少年遣欧使節記
天正少年遣欧使節記

グワルティエリ

日本の花束
日本の花束

アントニオ・カルディム

マッフェイ編 イエズス会宣教師書簡集
ページトップへ