紙本著色フランシスコ・ザビエル像

絵画 / 江戸 / 近畿 

兵庫県
江戸
1面
神戸市立博物館 兵庫県神戸市中央区京町24
重文指定年月日:20000627
国宝指定年月日:
登録年月日:
神戸市
国宝・重要文化財(美術品)

 天文十八年(一五四九)鹿児島に来航し、初めて日本にキリスト教を伝えたスペイン人イエズス会士フランシスコ・ザビエル(Francisco de Xavier 一五〇六-五二年)の名は、その肖像画である本図とともに広く知られている。ザビエルは二年三か月の間、西日本各地のほか京都や堺にまで赴き精力的に布教した後、中国に渡り広東郊外の上川島【シャンチョワン】で没した。滞在期間は短かったが、キリスト教布教の基盤を築き、西欧に日本への宣教熱を呼び起こした。この後日本におけるキリスト教改宗者は急増し、やがて豊臣秀吉あるいは徳川幕府によるキリスト教弾圧の強化、さらには鎖国に至る大きな歴史変動の発端となったという点で、わが国の歴史上きわめて深刻な影響を及ぼした西洋人であるといえる。
 聖人の肖像は、西洋で出版された著作物の銅版画挿絵類を手本としているとみられているが、燃える心臓をもつことなど他のザビエル像にはない図像的特徴をもっていることが注目される。
 純然たる油絵ではなく、基本的には日本画材料によるとみられるが、絵の表面には照りがあり、顔料の接着には膠【にかわ】に油性の液を混ぜて用いていると推測される。ザビエルや天使の顔では、まず暗色を塗り、これに明色を重ねてモデリングするという西洋画的な描法をとっていることがX線撮影によって確認される。また、文字や金色を表した箇所に金泥や金箔を用いず、鉛白と黄土を混ぜた顔料で黄金色を出すという、西洋画独自の技法を採用しているとみられる。肖像のすぐ下に「S・P・FRACISCUSXAVERIVSSOCIETATISV」と…

作品所在地の地図

関連リンク

紙本著色フランシスコ・ザビエル像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

聖フランシスコ・ザビエル像
聖ザビエル伝
聖ザビエル伝

ドミニク・ブウール

泰西騎士像
泰西騎士像

筆者不詳

教会祝日暦
教会祝日暦

フランス パリ製

東洋の使徒フランシスコ・ザビエルの生涯
ページトップへ